社団法人鹿児島県不動産鑑定士協会
不動産鑑定士とは?
市民相談(不動産鑑定相談)

日時:
毎月第3水曜日 午後1時~

場所:
鹿児島市役所
      市民相談センター

当日予約
不動産鑑定相談所(常設)

日時:
毎月第1水曜日 午後1時~

場所:
鹿児島県
不動産鑑定士協会事務局

要予約
お問合わせ先
公益社団法人
鹿児島県不動産鑑定士協会

〒890-0064
鹿児島市鴨池新町6番5号
前田ビル402号
TEL:099-206-4849
FAX:099-258-0389
不動産鑑定士ってなに?

不動産の評価に関係する法律により制定された国家試験に合格した
不動産に関するスペシャリストです。

 

どのようなシーンで不動産の評価が必要?
このような時には不動産鑑定評価をご利用ください。

○不動産を売買、または交換するとき
 土地を売りたい、買いたい、と思っているときには、まずその正しい価格を知ることが大切です。

○不動産を担保にするとき
 土地や家を担保として提供したり、また逆に担保として取る場合も、評価額がはっきりしていることが絶対条件です。

○不動産を賃貸借するとき
 アパート経営の時は、賃貸の評価がお役にたちます。このほかに、地代、ビルの貸借料、借地権、契約更新料、名義書替料、区分所有権なども鑑定評価の対象です。

○国土利用計画法に関連して、価格審査を受けるとき

 次のような場合、鑑定評価を受ける必要があります。
 (1)規制区域における、土地に関する権利の移転などの許可の申請をするとき。
 (2)届出制に基づき、土地に関する権利の移転などの届出をするとき。
 (3)住宅(建売り、マンション等を含む)分譲等をする場合事前確認を受けるとき。
 (4)遊休土地について、買取りの協議をするとき。
 

○課税上の不服申立や裁判などのとき
 課税上の不服申立や土地区画整理事業、または裁判上の争いなどの場合、鑑定評価を受けていると便利なことが多いものです。

イメージ ○工場財団などの評価をするとき
  機械装置を含む、工場財団を担保として提供するときなど、鑑定評価書は、各金融機関に、ご信頼いただいております。

○相続などで価格決定が必要なとき
 相続財産の土地・建物の適正な価格を鑑定評価によって、はっきりさせれば、公平な相続の分配ができます。

○資産評価をするとき
 不動産の価格は、常に流動的なものだけに、そのときどきの正しい価格を把握しておくことが大切です。




もっと詳しく知りたい!!


  公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会ホームページへ移動します。